三大疾病保障保険について

2週間ほど前に私の友人の旦那さんが脳卒中で倒れたときいて、お見舞いに行ってきたのですが、幸い回復が速く、半身の麻痺もほぼなくなっていました。会話も普通にできていたのでほっとしました。

 

この「脳卒中」は、三大疾病のひとつに挙げられている病気です。他の二つは、「がん」と「急性心筋梗塞」です。このような病気になってしまった時のことを考えて入っておくのが三大疾病保障保険(特定疾病保障保険)ですね。

 

三大疾病保障保険には、終身タイプと定期タイプがあります。定期タイプは、保険期間満了時に解約返戻金が0円になるので、保険期間が短いと掛け捨てになってしまいます。一方、終身タイプは、保険料は高くなりますが、一生涯の保障に加え解約返戻金が貯まっていくというメリットがあります。

 

注意したいのは、三大疾病保障保険は保険金が支払われると契約が終了するという点です。ですから、がんが再発したという時でも、なんども保険金を受け取ることができません。それでも、死亡保険金と同額の保険金が支払われるので、高額な治療費をカバーすることができます。

 

余談ですが、先日単独事故にあい足の骨を折る怪我をしました。意外とお金がかかってしまいサラ金から借入をして払いました。フリーローンはその名の通り自由に使えるのでこういう時に本当に役立つなと思いました。

有名所のサラ金が紹介しているサイト→http://www.tesol-sudan.org/

Comments are closed.