告知がいらない無選択型終身保険

生命保険を契約するときは、健康状態を告知したり医師による診査が必要ですが、告知や医師による診査が必要ないという生命保険があります。

これは、無選択型終身保険と呼ばれるもので、一般の保険と異なる点がいくつかあります。まず、契約後2年間など一定期間内に病気で死亡した場合は、死亡保険金ではなく既に払い込んだ保険料相当額が支払われます。ただし、災害死亡の場合は、契約当初から死亡保険金を受け取ることができます。

また、無選択型終身保険は、契約できる死亡保険金額は比較的少額で、一般的な生命保険と比べると、保険料は割高になります。また、長期契約となった場合に払込保険料の総額が死亡保険金額を上回ることがあるそうです。契約できる年齢も、比較的高く設定している会社が多くなっています。医療関係の特約を付けることができません。

告知がいらないということで、いろいろと制限がありますが、健康上の理由で普通の保険に入れない方なら検討してみる価値があると思いますよ。

Comments are closed.