Author Archive

人気の生命保険

生命保険はいろいろあるのでどれにしたらいいか迷ってしまいますね。ここでは、多くに人に選ばれている人気の生命保険についてご紹介しますので参考にしてください。

最初は、メットライフ生命の「やさしくそなえる医療保険<終身タイプ>」です。この医療保険はがんを含む病気やけがによる手術や入院の費用が一生涯保障されます。月々の保険料は、入院日額5,000円プランなら40代男性で2,102円、40代女性で1,957円です。入院日額10,000円プランならそれぞれ、4,097円、3,807円となっています。保険料がお手頃なのが魅力的ですね。
また、病気やケガで入院したら、1回の入院につき60日、通算最高1,095日まで保障されます。給付金は入院1日目から受け取れますし、入院の有無にかかわらず、所定の放射線治療や骨髄ドナーの手術を受けた場合でも、給付金をお受け取れます。また、通算最高2,000万円まで先進医療の技術料と同額(先進医療給付金)が保障されます。

 

もう一つは損保ジャパンDIY生命の「1年組み立て保険」です。この保険は毎年保険の見直しができるという特徴があります。また、主契約となる遺族保障をベースに3つの特約を必要に応じて自由に組み合わせることができます。掛け捨てなので保険料も安くなっていますよ。

 

保険に入っておくと何かと便利だと思います!なぜなら管理人は最近交通事故にあったんです。右折しようとしたら赤信号なのに向こうから車が突っ込んできたんです。幸い軽傷で済んだので治療費は全て保険で補えました。

 

しかし!私の車はボッコボコ。。修理が必要になりました。でも向こう側は黄色の信号だったので信号無視ではないと言いはって非を認めようとしません。向こうの保険会社は修理費の130万円の内100万円は負担するけど残りはこっちで負担して下さいと言ってきました。

廃車にはしたくないので30万円支払うことにしましたがそんなお金を一括で払えるわけもなく私が利用している三菱東京UFJ銀行から20万円を借りて何とか支払うことができました。申込んだのはネットですぐに貸してくれました!参考サイト→専業主婦カードローン※夫に内緒で即日融資する方法を大暴露!

三大疾病保障保険について

2週間ほど前に私の友人の旦那さんが脳卒中で倒れたときいて、お見舞いに行ってきたのですが、幸い回復が速く、半身の麻痺もほぼなくなっていました。会話も普通にできていたのでほっとしました。

 

この「脳卒中」は、三大疾病のひとつに挙げられている病気です。他の二つは、「がん」と「急性心筋梗塞」です。このような病気になってしまった時のことを考えて入っておくのが三大疾病保障保険(特定疾病保障保険)ですね。

 

三大疾病保障保険には、終身タイプと定期タイプがあります。定期タイプは、保険期間満了時に解約返戻金が0円になるので、保険期間が短いと掛け捨てになってしまいます。一方、終身タイプは、保険料は高くなりますが、一生涯の保障に加え解約返戻金が貯まっていくというメリットがあります。

 

注意したいのは、三大疾病保障保険は保険金が支払われると契約が終了するという点です。ですから、がんが再発したという時でも、なんども保険金を受け取ることができません。それでも、死亡保険金と同額の保険金が支払われるので、高額な治療費をカバーすることができます。

 

余談ですが、先日単独事故にあい足の骨を折る怪我をしました。意外とお金がかかってしまいサラ金から借入をして払いました。フリーローンはその名の通り自由に使えるのでこういう時に本当に役立つなと思いました。

有名所のサラ金が紹介しているサイト→http://www.tesol-sudan.org/

告知がいらない無選択型終身保険

生命保険を契約するときは、健康状態を告知したり医師による診査が必要ですが、告知や医師による診査が必要ないという生命保険があります。

これは、無選択型終身保険と呼ばれるもので、一般の保険と異なる点がいくつかあります。まず、契約後2年間など一定期間内に病気で死亡した場合は、死亡保険金ではなく既に払い込んだ保険料相当額が支払われます。ただし、災害死亡の場合は、契約当初から死亡保険金を受け取ることができます。

また、無選択型終身保険は、契約できる死亡保険金額は比較的少額で、一般的な生命保険と比べると、保険料は割高になります。また、長期契約となった場合に払込保険料の総額が死亡保険金額を上回ることがあるそうです。契約できる年齢も、比較的高く設定している会社が多くなっています。医療関係の特約を付けることができません。

告知がいらないということで、いろいろと制限がありますが、健康上の理由で普通の保険に入れない方なら検討してみる価値があると思いますよ。